JUNKOのゴスペル西遊記

人とのつきあいが疎遠な時代になりました。 ゴスペルを通じ、楽しいことも面倒なことも全部ひっくるめて、 仲間と感動を味わえる場をつくりたい。 次の世代へ、そんな人間づきあいを伝えたい。 こんな夢をもって、ゴスペルの旅に出ています。

『ショショローザ:Shosholoza』聴いたことありません?

昼から大阪はヒョウが降ったようですが、
みなさん大丈夫でしょうか?
大阪市内とか、ゴロゴロと降ったようで。
 
お昼からケニアとZoomでつながってレッスンしてもらったのですが、ヒョウって英語でなんて言うのか??
 
Hailstones だそうです。
 
「Hail」って、ゴスペルの歌詞でもよく出てくるんです。
Hail Holy Queen とか、 Hail Jesus, your my Lordとか。
 
歓喜!という呼びかけの意味と、ぐわーっと降ってくる「ヒョウやあられ」の意味があるとは。でもちょっと分かるような。
 
で、今日のレッスンは、二年前?のラグビーワールドカップでもよく聴きましたが、それより前にSoweto Gospel Choirが歌っている曲で気になったのがあったので、リクエストして教えてもらいました。
 
歌詞はとってもシンプル。
でも、これがジンバブエの鉱山でのWork Songだったとは全然知りませんでした。
Work Songってとても興味深い。
日本のもの含めて、もっと勉強したいところです。
 
 
この曲、とてもシンプルながら力強い。
南アフリカ共和国では第二の国歌とも言われてるそうで、
ワールドカップ等で南アフリカが出るときはよく歌われます。
前へ進め!前へ進め!と鼓舞する時によく歌われるそうです。
 
でも、ルーツはジンバブエなので、ンデベレ語やズール語が混ざっているらしい。
文化や歴史も含めて教えてくださるためとても興味深い。(今日は発音、歴史、歌詞の背景等を教えていただいて一言も歌ってないな、そういや。笑 音は万国共通自分でとればいいので、やはり発音と意味と文化的背景は大事)
 
アカペラ・リズムだけのゴスペルって、たまらない底力を感じます。
クワイヤーでも歌いたいなぁ。
 

f:id:burijun:20210714175527j:plain

 
Shosholoza / Soweto Gospel Choir
Shosholoza / Soweto Gospel Choir rehearsal かっこいい!
Shosholoza / The Drakensberg Boys Choir
ShoSholoza / Basket balリズムで斬新!

コロナ禍での初イベント「サンクスJambo!ライブ」を開催しました!

先週の日曜日は、コロナになってから初のサンクス合同ステージを開催しました。
 

f:id:burijun:20210709002001j:plain

昨年3月2日に前首相が緊急事態宣言を発令してから、1年半以上が経ち、イベントもステージもきれいさっぱりなくなり、レッスンもほとんどがオンラインに。
あれだけしょっちゅう行ってた、レッスン後の食事やステージの打ち上げも、夢のまた夢の世界。
 

f:id:burijun:20210709002232j:plain

ゴスペル18

ステージ上だけマスクoff。ただし、飛沫距離を前後4m〜7m確保。左右から巨大ファン全開。ホール扉すべて常時全開。 人数の多いクワイヤーは、飛沫距離確保のため、2チームに分けて出演。本当は一緒に歌いたかったですよね。。。(T_T)

そんな中、半年間計画を練って、まずは一般公開せずに内輪でステージを初開催。
自分たちで出来るあらゆる対策を練って。
 

f:id:burijun:20210709002455j:plain

Talking Gospel

客席は真ん中をあけ、移動させて、さらに客席間をとる。座った席は基本移動なし。移動したい時は必ず席を消毒してから移動。

手間も費用も時間もかかるし制限だらけだけど、仲間と久しぶりに再会し、声をあわせられる喜び、ステージの上だけはマスクを外せる開放感(念には念をで、コロナ禍でのホール規定の倍以上の飛沫距離を確保)、お互いの表情が見える嬉しさ、たまらなく心が震える時間でした。
 
 

f:id:burijun:20210709002623j:plain

総合司会は顔が見えないですが、近くで話すのでマスクをつけて。もちろんマイクは毎回消毒。
音量制限がないホールのおかげで、演奏中も常時すべての扉を開放、扇風機ぶんぶん、アルコール消毒だらけで手が荒れるほどでしたが、それだけ対策してもゼロリスクはないので、みんなでハメ外さないように常時声かけ。
 
サンクスの日頃のチームワークと、お互いを大切に思う気持ちが生きる時。
日本政府も、もっと相手を思いやり、信じる方向で施策を講じたらいいのに、と思う。
 

f:id:burijun:20210709002737j:plain

GOPEC

ステージに上がる時とはける時は、全員アルコール手消毒。

 やはり、信頼感がないとイベントは成り立たない。信頼があれば、もしもの緊急事態はクレームではなく、被害は最小限に抑えられる対策がとれるはず。
 
 

f:id:burijun:20210709002824j:plain

サンクスポレポレクワイヤー

ステージ袖でもマスクは着用。立ち位置に立ってからのみ外してOK。

今回出演できて、とても活き活きしていたみんなの笑顔と、今回断念して参加できなかった仲間の気持ちを思うと、なんとも複雑なのですが、たくさんの仲間が生き甲斐を実感するキラキラした時間であったことには間違いなく、この経験値を今後の活動に向けての1歩になればと思っています。
 
 

f:id:burijun:20210709002909j:plain

晴レルヤたんりきChoir

クワイヤーはマイク無しのため、バウンダリーマイクを試しに活用。 触れない、近づかないため、毎曲の消毒は不要なので、今後の活用に期待。

f:id:burijun:20210709003146j:plain

曲、MCの度に、マイクとスタンドのアルコール消毒。上手と下手に担当がスタンバイして。やはり大変。

f:id:burijun:20210709003528j:plain

もう何年?ずっとお世話になっているスタジオえむの森さん。

ありがとうございます。

今回は愛娘さんがジュニアクワイヤーとして出演し、親子共演!

f:id:burijun:20210709003816j:plain

昨年結成10年を迎えた、だっこでゴスペル。

そう、当時だっこしてた子供たちには、身長抜かれ始めてます。



陰ながら、たくさんのご協力をありがとうございました。

 

Instagram更新してます♪

 

すっかりブログの更新が停滞しております。

 

見に来てくださったみなさま、

ありがとうございます。

そして、す、す、すいません。。。

 

Instagram(インスタ)の方は

こまめに更新しておりますので、

よかったら遊びにきてくださいませ。

 

ディレクターJUNKO Instagram

https://www.instagram.com/junko419_panda/?hl=ja

インスタID  junko_panda419

 

サンクス・エイジング・ゴスペルカンパニー Instagram

https://www.instagram.com/thanks.gospel/?hl=ja

インスタID   thanks.gospel

 

 

コロナと格闘中の社会情勢でありますが、

考えうる感染対策をしながら、4世代で活動を続けております。

レッスンはコロナ状況をみながら、

Zoomを活用したオンラインと、

広いレッスン場所、換気のよいレッスン場所を使ってリアルレッスンを

行っております。

 

新しいメンバーさん、大募集!

お気軽にお問合せ、見学にお越しください。

詳細はHPご覧くださいませ。

 

tag39.com

 

 

 

コロナが長引いておりますが、

試行錯誤しながら、各クワイヤーの活動を楽しんでいます。

 

インスタアカウントで、各クワイヤーの近況活動や歌声をアップしています。
是非こちらもご覧くださいませ♪
 
サンクス・エイジング・ゴスペルカンパニー
 
 

with コロナで初ステージ!!

withコロナでの初ステージに、
サンクスのキッズチーム「サンクスポレポレクワイヤー」が出演させていただきました!
 

f:id:burijun:20201013084716j:plain

会場は先月リニューアルオープンしたての
 
しかも1400人以上の客席を誇る大ホール!
 
 
前日リハーサル・本番当日と二日間も照明・音響を贅沢に利用させていただいて、大ホールを堪能させていただきました。
 

f:id:burijun:20201013084701j:plain

 
 
こちらは、メイシアター正面大階段前での野外練習風景。
心地よい気候の元、野外でのびのび直前練習できました!
 

f:id:burijun:20201013084647j:plain

どのクワイヤーもそうだと思いますが、コロナで今年は十分な練習ができておりません。
 
出演が決まってから、かなり限られたレッスン回数で、あえて緊張感をあげるために新曲2曲をお披露目しました。
 
出演は、私と小1~小6年の16名。
ソロ・MC・コーラスは全部、子供たちで。
 
やはり本番直前までは、私も子供たちも、そしてお尻をたたかないといけないお母さんも、なかなか大変な追い上げの日々を過ごしたと思います。
 
が、その結果、親子共に、もちろん私も、大きな大きな達成感を実感できるステージとなりました。
 
 
 
何年か経った時に、ふと今日のステージを何かの糧に思い出してくれた嬉しいなぁ、、、なんて願いつつ。
 

f:id:burijun:20201013084728j:plain

コロナ禍での大イベント開催にご尽力いただいた吹田市役所やメイシアタースタッフの皆様にも心より感謝申し上げます。
 
 

youtu.be

 

サンクス・エイジング・ゴスペルカンパニー

tag39.com

ただいまレッスンはリアルレッスン、Zoomによるオンラインレッスンどちらも開催しています。体験レッスン随時受付中ですのでお気軽にお問合せください。

 

 

 

昨日の午前中は、みっちりブラッシュアップの実行委員会でした。
 
コロナ禍での大人数のステージ企画は制限だらけ、困難を極めますが、それでもみんな前向きで、会議もやり甲斐のあるサンクスです。
 

f:id:burijun:20201004080352j:plain

 
で、ダッシュで昼から、ポレポレの大舞台のリハーサルでした♪
久しぶりに感じた、ステージに上がったときの高揚感。
やっぱり、これが好きやねん!!と改めて実感。
 
子供達、かなり限られたレッスン回数での新曲です。
なんせレッスンは月に1回ですから。
まだまだ上がりたいところは山ほどながら、確実に毎回上達してます。
 
あの好奇心、やる気、
子供は面白いほどにパワーをくれます。
相反して帰ったらぐったりするけど。苦笑
 
今日はいよいよ本番!!
サンクスみんなの気持ちを抱きつつ、withコロナコンサートの先陣切ってきます

 

f:id:burijun:20201004080402j:plain

 

 

 

サンクスも、with コロナでじわじわ前に進んでおります。

体験レッスン、新メンバーも出てきました。

私達と一緒に新しい世界へ踏み出しませんか?

 

tag39.com

 

わたしゃ、根っからの営業マンなのかも?

 

私は元営業職でもありますが、
根っからの宣伝好きです。
 
いや、宣伝したいとか、あんまり思わないのですが、
 
これめっちゃいい!
美味しい!
楽しい!
ステキ!
 
を見つけると、それをきっと一番喜ぶかも?と思う人の顔が浮かんでウキウキする。
それで余計に忙しくなって自分のスケジュールがキツキツになったりするのですが、これは性分で、それが私がなんか幸せ!と感じるベースなので、こればっかりは仕方ありません。
 
ちなみに、宣伝するときは、マージン全くもらってないのばかりです。マージンもらうと、むしろ、なんか宣伝しにくくなるかも。
 
 
うちの主人は大阪本町で整体師をしています。巷では一応ゴッドハンドと言われてるようで、たしかに新幹線、飛行機で通院されてるかたは、数名では収まりません。
でも、実は主人の宣伝をするのは、私は大変苦手。なんでやろ?ゴッドハンドと思ってない?笑
 
思ってないのは、実の母はそうかも。笑
子はいつまでも子ですから。
 
 
しかし、私と娘は何度も自分の不調(私は膝痛で屈伸できない、和式トイレにいけない、出産時の逆子、娘は頭痛で全く寝られない、二人とも発熱、下痢、などなど)を、施術とアドバイスでもりもり回復する経験を味わっているため、まぁ、認めなしゃーないかー、みたいな。笑
でも、最近改めて思います。体全身を見てくれる仕事をしてる旦那さんほど心強いものはないなと。
 
 
親戚、友人、知人などまわりでも体調不良の方はたくさんいてらして、あぁ、、、それは主人の得意分野なんだけどな、、、と思っても、98%ぐっと声をかけるのをのみこみます。
 
これは正直、しんどいです。
 
 
なぜなら、全国各地の様々な難病をもってらっしゃる方が主人の整体院にいらっしゃって、毎回みっちり1時間〜1時間半、会話しながら施術するので、その方の生活、考え方、食事などとその病気の因果関係がよく見えてくる(←私ではなく主人がです。)。100%なんて体の世界にはまずないのですが、ある程度の方向性が主人にはわかるようになるため、この方があと3年、5年先がこうなってしまうかも、というのが予測され、それを知ってる私は声をかけないでいるのは、本当にしんどい。
私にとっては、見棄てるに近い気持ちが湧き上がるので。
 
 
ちなみに、うちの主人の整体院は、基本自分と自分の生活を見直して根本原因解消を目指すので、自分にも厳しくなる必要があります。
結構これは、ひえーーーー!なんですけどね。
 
 
しかし、原因がはっきりしないけど、とりあえずここを手術してみよう、とか、もっとひどくなったら手術したらいいけど、それまではどうしようもない、とか、専門に分かれすぎている現代の病院では、言われてる方も多いので、悩んでいる方はホームページとか、ご覧になれば別の道があるかもです。
 
 
あ、ちなみに、整体院という名前がおさまらない様々な症状の方が来院されているので、ご自身の悩みが対応できるかどうかは、ホームページよりご相談ください。
 
 
主人のお弟子さんが書いているブログです↓